交流・協働学習用教育ソフト、コラボノートは学校間の交流や生徒同士の協働学習で小学校から大学まで幅広く考える力を伸ばす目的で開発されました。タブレットならアクティブなシーンでも子供たちの自主性に役立ちます。コラボノートの技術は企業用Officeにも生かされています。

企業理念・スローガン・沿革

企業理念

 私たちは常に「お客様第一」を心がけ、市場の変化を的確に捉えて、お客様のニーズを十分に満たし、広い視野と創意工夫により、良い品質の製品とサービスを真心をこめて提供いたします。
 また、地域社会に密着しサービスの提供を通して、豊かな地域社会の実現に貢献します。

スローガン

  • まずお客様の利益を考えよう。
  • お客様から学び素早く応える企業をめざそう。
  • 我々の仕事は社会の役に立っているという誇りを持とう。
  • 社員としての責任と役割を自覚し、目標の達成に努力しよう。
  • 人としての一流を目指し、より高い価値を追求する社会貢献企業をつくろう。

沿革

他社商品販売から、技術科、理科教材開発に挑戦

1990年
  • 株式会社 四国ラインズ設立
1991年
  • ラインズ商品の学校営業開始
1993年
  • 日本語制御ロボット 「MR1」を開発
  • 電気回路シミュレーション 「J回路くん」を開発
1994年
  • プログラミング教育商品 「Jロボくん」を開発
1995年
  • 中学校理科教育用商品 「Jマルチステーション」を開発
1996年
  • 「絵はがき通信システム」を開発

イントラバケッツ誕生から全国展開へ

1997年
  • 学校教育用LANシステム 「イントラバケッツ」を開発
1998年
  • 全国教材交換サービス、自治体間レンタルサーバーサービスを開始
1999年
  • イントラバケッツLinuxサーバー版を開発
2000年
  • 会社創立10周年
  • 共同編集ソフト 「グループバケッツ」を開発
2001年
  • 学校と家庭の連絡システム 「ふれあい通信」を開発
2002年
  • 株式会社 ジェイアール四国コミュニケーションウェアに社名変更
  • バーチャル模造紙 「わいわいレコーダー」を開発
2003年
  • 「BBバケッツ」を開発

パッケージソフト開発メーカーとして再スタート

2004年
  • 会社分割
    (JR四国情報システム会社にJR四国の情報システム部門およびOA機器販売部門を移管)
  • 東日本営業所、中部営業所開設
2005年
  • 「コミュニケーションバケッツ」を開発
2006年
  • 企業版 「コラボノート」を開発
2007年
  • 学校版 「コラボノート」を開発
2008年
  • JR四国がグループネットをコラボノートで構築

クラウド そしてタブレット時代へ

2010年
  • 会社創立20周年
  • フューチャースクール推進事業(総務省)実証校11校で採用
  • 地域雇用創造ICT絆プロジェクト(総務省)21校で採用
  • 株式会社 STNetがクラウドサービスのメニューとしてコラボノートを採用
2011年
  • 鉄道情報システム株式会社がクラウドサービスのメニューとしてコラボノートを採用
  • 株式会社ハイパーがクラウドサービスのメニューとしてコラボノートを採用
2012年
  • コラボノート企業版 クロスブラウザ対応
2013年
  • コラボノート学校版、企業版 タブレット端末に対応
2014年
  • 西日本営業所開設
  • 「ふれあい通信Team Edition」を開発
2015年
  • 会社創立25周年
  • NTT東日本が学習支援クラウドサービス『おまかせ教室』のメニューとしてコラボノートを採用
  • 鉄道情報システム株式会社がクラウドサービスのメニューとしてふれあい通信TeamEditionを採用
2016年
  • 「コラボノート・朝日新聞スクールパック」を販売開始
2017年
  • 「まなバケッツ」を開発
フリーアクセス・ひかりワイド(固定電話専用)
tel 0120-999-687
(携帯電話からは 087-821-4520 まで)
受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日除く)
PAGETOP
Copyright © JR Shikoku CommunicationWare Co., Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.