交流・協働学習用教育ソフト、コラボノートは学校間の交流や生徒同士の協働学習で小学校から大学まで幅広く考える力を伸ばす目的で開発されました。タブレットならアクティブなシーンでも子供たちの自主性に役立ちます。コラボノートの技術は企業用Officeにも生かされています。

事故・災害対策

 いざという時、災害から社員と会社を守るのは「情報」です。

 災害時という一刻を争う状況下では、正確かつ迅速な情報共有が命。
 しかし、統制なく飛び交う電話やメールだけを頼りに、情報をすばやく集約し、しかるべき場所に届けるのは至難の業です。そんな局面で本当に役に立つのは、わかりやすく、シンプルで、ダイレクトに情報を伝えるためのツールです。

 コラボノートは、「ノートをネットで共有する」という、最も直感的でシンプルな発想をベースとした、コラボレーションツールです。
 JRグループでの災害対策にも活用され、現場や本部で大きな効果をあげているその力を、ぜひ災害対策でお役立てください。

 

災害対策での活用

ノートに書き込むだけで、関係者全員が即座に情報共有できます

 ノートにふせんや写真を貼りつける感覚の簡単な操作で、リアルタイムで関係者と情報共有できます。
 もちろんデータファイル(表、PDFなど)の添付も可能。いちいち関係者に個別にメールする必要がなく、また過去の情報も文書(テーマ)ごとにすぐに参照できるので、膨大なメールから目的の情報を探す手間もかかりません。

情報共有イメージ

災害時の「中央監視盤」として、状況の変化を迅速に把握できます

 コラボノートのトップ(ポータル)画面を見ているだけで、追加・更新された文書が更新順に次々と表示されます。
 最新情報はUP!やNEWアイコンつきで表示されるので、各部署の状況の変化を一目ですばやく把握できます。
 災害時の「中央監視盤」としての役割を果たし、迅速な状況把握と復旧対応に役立ちます。

中央監視盤イメージ

現場の状況把握・情報集約・調整が容易に

現場の状況把握イメージ

 状況を所定の文書に書き込むだけで、関係者全員がリアルタイムで情報を把握できます。
 ネット上で多対多で議論できるから、離れていても討論や調整が容易になります。

社員間・上層部への情報伝達がスムーズに

情報伝達イメージ

 情報伝達はノートに書き込むだけ。
 いちいち個別にメールで連絡する必要がなく、誰がどこで何をしていて、どんな状況なのかがリアルタイムでわかります。
 社員間や上層部への情報伝達がスムーズになります。

在宅・遠隔勤務でのコミュニケーションに

在宅・遠隔勤務イメージ

 電車の運休や停電などで出社が難しい場合でも、自宅から会社とネット上で議論したり、報告やデータファイルを関係者と共有できます。
 自宅と会社だけでなく、関連会社や取引先との情報伝達にも役立ちます。

各部署への一斉連絡・情報伝達に

一斉連絡・情報伝達イメージ

 急ぎの報告・連絡が多対多かつ双方向で、リアルタイムにできます。
 テキストだけでなく、写真やデータを含めた連絡が容易です。
 また、相手が内容を見たかどうかがすぐわかるので、迅速な対応が可能になります。

JR四国グループ 災害対策本部での活用例

 JR四国グループでは、災害対策本部での情報共有にコラボノートを活用しています。
 災害や事故の状況、対策状況などをリアルタイムにコラボノートで共有することで、以下のような大きな効果を上げています。

  • 現場から対策本部への問い合わせが激減
  • 過去の対策や経過などをすぐに検索・参照できるので、それを参考にすぐに対策を実行できる

活用イメージ

PAGETOP
Copyright © JR Shikoku CommunicationWare Co., Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.